日本とアジアの不動産投資について

Reading time:

不動産投資のメリット、デメリット

数ある投資の中でも、不動産投資は最も安定した投資といえます。
建物や土地がなくならない限り、資産として残り続けるので、他の投資と比較してリスクは低いです。
不動産投資の収入は入居者の家賃や礼金なので、その点でも安定しているといえます。
不動産投資は一般的にインフレに強いといわれます。
物価と共に家賃も上がるので、不動産の資産としての価値も上がるからです。

良い面だけではなく、デメリットも存在します。
まずは、投資額が大きいということです。
かなり大きな買い物なので、最低何千万はかかってしまいます。
あと、空き室率によっては思ったような収入が見込めないことです。
自然災害や、建物の老朽化で修繕費がかかるリスクもあります。

しかし、このデメリットは事前の不動産の念入りな調査、良い業者との話し合いで解決できます。
自然災害についても保険でかなりカバー出来ますし、建物の老朽化による修繕費は、不動産を管理する上で避けては通れないので必要経費といえます。

名古屋は大都市ながら、東京、大阪と比べ人口密度が低く、土地の値段も比較的安いため不動産投資に向いている地域といえます。

安定した収入源としての不動産投資

不動産投資で最も苦労するのは、最初の不動産を購入する費用を工面することだと思います。
中古物件を購入するにしても、安定した収入源を見込める物件となると最低何千万の費用が必要になります。

そこでローンも良いですが、最近注目されているのが銀行の融資です。
20代でもきちんとした会社に3年以上勤務していれば、融資は十分見込めます。
もちろん、ある程度の年齢で社会的地位がある人のほうが融資は受けやすいですが、それよりも大事なのは担保価値のある物件を選び融資の相談をすることです。

不動産投資は、地方だとどうしても入居者が入らないなど空き室の問題が出てきますし、東京などの大都市になると不動産購入の費用がかなり高くついてしまいます。
最適な地域として大都市の名古屋が挙げられます。
開発があまり進んでないエリアもあり、将来性のある都市といえます。、
東京や大阪と比較して人口密度が低いため暮らしやすい地域です。

自分に土地勘のない地域で、不動産投資をやる場合はまずは優良な業者とパートナーを組むことが
必須といえます。